FXトレード手法を斬る!TOP > FXのトレード手法は4つある > スワップトレード

スワップトレードについて

 
FXというと、高い価値の通貨を売ることで利益を上げる方法が一般的で、最もシンプルな方法ですが、それとは別に通貨間の金利差を利用して儲ける「スワップトレード」というものがあります。それぞれの通貨には、政府が定めた政策金利というものがあります。この政策金利は1パーセント以下のものから、4パーセント以上のものもあり、各国家の資源や財政によって変動します。スワップトレードで稼ぐには、低い金利の通貨で、高い金利の通貨を買い、保持することで利益を上げることができます。金利差による利益は毎日発生し、単純な通貨の売り買いに比べて利益効率は悪いですが、元手が大きければ通貨を保持しているだけで、年間数十万以上もの利益を上げることができます。

ローリスクミドルリターン狙いの方にお勧め


スワップトレードはリスクが低く、それなりのリターンが期待できるトレードとされ、利益より安定を望む方によく行われます。政策金利とはそう簡単には大きく変動せず、金利差の大きい通貨ペアなら、なおさら金利が逆転するリスクは低くなります。この特徴から、あまり画面に向かっていられない方にもおすすめのトレードとなっています。

スワップトレードのリスク


ローリスクとは言われるものの、損失しにくいというだけで当然ながらリスクはあります。早々に変動しない政策金利ですが、一気に通貨間の金利関係が逆転しないとも限りません。もし金利差が逆転すれば、通貨を売るまで金利差を払い続けなければなりません。

また、それより恐ろしいのは、保持していた高金利通貨の暴落です。スワップトレードはわずかずつ利益を挙げる儲け方なので、普通の通貨の売り買いより、何倍も儲けるスピードが遅いです。ですので、保持していた通貨がちょっと値を下げるだけでも、その損失がスワップトレード数年分の利益を上回るケースすらあります。高金利の通貨は戦争時や不況時などに大きく変動しやすいこともあり、主要通貨の値動きを見張っていないと、大きな損失を被るケースもあるのです。
 

関連コンテンツ

スワップトレード

FXというと、高い価値の通貨を売ることで利益を上げる方法が一般的で、最もシンプルな方法ですが、それとは別に通貨間の金利差を利用して儲ける「スワップトレード」というものがあります。そ...

スイングトレード

FXでのトレード手法の一つに「スイングトレード」があります。スイングトレードとは、通貨を買ってから売るまでのプロセスを、数日から数週間かけて行うといったトレード手法となります。スイ...

デイトレード

スイングトレードと並んでポピュラーなトレード方法の一つに、「デイトレード」があります。デイトレなどとも略されるデイトレードは、その名の通り1日や2日程度で取引を完結させるといったト...

スキャルピングトレード

FXでは、ほとんどの場合デイトレードやスイングトレードなどのように、取り引き中でも値動きや情勢を吟味しながら売買する手法がとられています。それらとはちょっと違ったトレード手法として...