FXトレード手法を斬る!TOP > FXのトレード手法は4つある > スイングトレード

スイングトレードについて

 
FXでのトレード手法の一つに「スイングトレード」があります。スイングトレードとは、通貨を買ってから売るまでのプロセスを、数日から数週間かけて行うといったトレード手法となります。スイングトレードは、ごく一般に想像される外為取引の方法に近いものがあり、実際にFXを行う方の大部分は、このスイングトレードを行っているとされています。

時間があまりとれない人にもおすすめ


FXというと、画面にべったり張り付いて値動きやチャートを注視し続ける、といったイメージを持っている方も少なくないのではないでしょうか。確かに、そういった方法で取引している方もいますし、一時も油断せず注視していれば、チャンスを逃さずに済みますし、大きなリスクを回避することもできます。しかし、実際のところそういった忙しい取り引きを行っているのは、デイトレーダーやスキャルピングトレーダーといった、ごく短期間で取引を終える人たちです。

FXで取引している方の半数以上は、他に本職があったりして、FXばかりを気にかけていられません。ですので、大半のトレーダーは時間を見つけてトレードしている方々で、そういった方々はあまり値動き注視しなくても済むスイングトレードを行なっているのです。一応トレード手法全体から言えば、スイングトレードも短期間の取引とはされていますが、それ以上の長期間の取引も大局的な視点が必要となるので、スイングトレードはFXにかける時間が無い方にピッタリなのです。

スイングトレードのメリット


スイングトレードは、スキャルピングやデイトレードのように短期間での取引ではないので、スプレッドなどの諸費用をさほど気にせずに済みます。また、長期的な取引とも言い難いので、通貨間の金利差の影響も少なく済むという特徴があります。つまり、高金利の通貨を売りから入って取引するという際にも負担が少なく、自由な取引が可能となるということです。何より、前述の通り時間が無くても取引しやすいというのが最大のメリットかもしれません。
 

関連コンテンツ

スワップトレード

FXというと、高い価値の通貨を売ることで利益を上げる方法が一般的で、最もシンプルな方法ですが、それとは別に通貨間の金利差を利用して儲ける「スワップトレード」というものがあります。そ...

スイングトレード

FXでのトレード手法の一つに「スイングトレード」があります。スイングトレードとは、通貨を買ってから売るまでのプロセスを、数日から数週間かけて行うといったトレード手法となります。スイ...

デイトレード

スイングトレードと並んでポピュラーなトレード方法の一つに、「デイトレード」があります。デイトレなどとも略されるデイトレードは、その名の通り1日や2日程度で取引を完結させるといったト...

スキャルピングトレード

FXでは、ほとんどの場合デイトレードやスイングトレードなどのように、取り引き中でも値動きや情勢を吟味しながら売買する手法がとられています。それらとはちょっと違ったトレード手法として...